サーバー再構築覚書(001)ーその前提(01)

2021年8月、10年来使用していた、職場のサーバー(Vinelinux  6.0 がベース)がとうとう動かなくなりました。以前から、OS を入れ替えなければと思っていた矢先でした。設定ファイルの幾分かは、バックアップしていましたが、職場のホームページなどは、ほとんど吹っ飛んでしまいました。これを機会に、より堅牢なハードとソフトに切り替えてサーバー再構築をめざし、2ヶ月半かけて、ようやく以前の水準に近い(サーバーの種類によっては、それを超えるところまで)回復できましたので、その覚書を書いておきます。
サーバーの構成は2回目以降に後述するにして、何度かのテストを重ねる上で、Windows ないし MacOS の PCでの実験を試すため、Virtual Box が非常に役立ちました。(ちょっとしたコツが必要で、最初は、Virtual Box のディスプレイの設定で、VMSVGA ではなく、解像度の高いVBoxVGAにしないと、インストール画面が切れてしまいます。あとで、OS を立ち上げるときに、もとに戻し、CDROM ドライブに、VboxGuestAddition の疑似CDを挿入し、画面を調節します。ここらあたりは、Guest Additionsのインストール あたりを参照のこと)図は、ディスプレイを設定しているところです。また、続きも図は、Ubuntu 20.04 LTS 版を、Virtual Box にインストールしている途中のスクリーンショットです。



ただし、VirtualBox でうまくいくことが、実際のサーバーで通用するとは限らない、また逆も真であることを痛感しました。
ところで VirtualBox では、いろいろなディストリビューションの Linux が楽しめます。Ubuntu ベースでのお気に入りは、フランス発の、Voyager 、Mac 風のアイコン配列と粋な壁紙が選べるのが素敵です。下図は、そのスクリーンショットです。

次回は、実際のサーバー構成の概要について書く予定です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。