サーバー再構築覚書(003)ーその前提(03)

◎サーバーで以下のプログラムが稼働することを目標とする
・ネットワークでのインフラ部分
・メールサーバー(メーリングリスト整備も目標)
・Web サーバー(各種のブログを用意」)
各種手順
1)OS(Linux)のインストール - 済
以後のインストールおよび設定では、Server World の Ubuntu 20.04 LTS 版が、役に立った。
2)インフラ部分の設定
事前の準備では、ファイラー( fdclone )と、vi 系のエディターは使いづらいので emacs 系の jed が必須。)
Terminal で、

hoge@Voyager:~$ sudo apt -y install fdclone
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
以下のパッケージが新たにインストールされます:
fdclone
アップグレード: 0 個、新規インストール: 1 個、削除: 0 個、保留: 7 個。
544 kB のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に追加で 1,201 kB のディスク容量が消費されます。
取得:1 http://jp.archive.ubuntu.com/ubuntu focal/universe amd64 fdclone amd64 3.01h-1build1 [544 kB]
544 kB を 2秒 で取得しました (346 kB/s)
以前に未選択のパッケージ fdclone を選択しています。
(データベースを読み込んでいます ... 現在 328516 個のファイルとディレクトリがインストールされています。)
.../fdclone_3.01h-1build1_amd64.deb を展開する準備をしています ...
fdclone (3.01h-1build1) を展開しています...
fdclone (3.01h-1build1) を設定しています ...
doc-base (0.10.9) のトリガを処理しています ...
doc-base ファイルを 2 個追加 を処理中...
man-db (2.9.1-1) のトリガを処理しています ...

root@mitsu-Voyager-2004:~# apt -y install jed
パッケージリストを読み込んでいます... 完了
依存関係ツリーを作成しています
状態情報を読み取っています... 完了
以下の追加パッケージがインストールされます:
jed-common libonig5 libslang2-modules slsh
提案パッケージ:
gpm
以下のパッケージが新たにインストールされます:
jed jed-common libonig5 libslang2-modules slsh
アップグレード: 0 個、新規インストール: 5 個、削除: 0 個、保留: 0 個。
846 kB のアーカイブを取得する必要があります。
この操作後に追加で 4,193 kB のディスク容量が消費されます。



以下はインフラ部分の整備で、次回にでも…
1. 時刻設定
2. ファイアーウォール設定
3. ネームサーバーの設定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です